TOP > 事業紹介 > 仙台港資源化センター

sendaikou_03

“地域の環境保全に貢献する総合リサイクル施設”

仙台港資源化センターは木くず、鉄くず、廃プラスチックなどの産業廃棄物の中間処理を中心とした総合リサイクル施設です。その他ビン、カン、ペットボトルの選別・資源化や各種廃棄物の処理、機密書類の破砕も行っております。

shudanshigenkaishu_06

大型古紙圧縮梱包機

sendaikou_07sendaikou_09集荷された古紙は、この梱包機によって圧縮され、製紙メーカーへ納入されます。
処理能力は200t/日。 梱包された古紙は専用倉庫に一時保管されます。

機密書類用破砕機

sendaikou_14お客様からお預かりした機密書類を、確実に解読を不可能にし、かつリサイクルに適した状態に破砕する機械です。

破砕機

sendaikou_16木くずやプラスチックを、リサイクルに適した大きさに砕く機械です。

発泡溶融機

sendaikou_18スーパーなどから排出する魚箱、家電等に使用されている緩衝材等の発泡スチロールを熱で溶融し、発泡ブロック(インゴット)とします。インゴットはプラスチック原料として再生されます。

空き缶選別機

sendaikou_20集荷された空き缶・空き瓶は選別機によって、アルミ缶・スチール缶に自動分別され、ブロック状に圧縮されます。出荷された製品は製鋼メーカーで再生されます。また、ペットボトルも再生原料に向けられ、収集時に使用されていたビニール袋類も全てリサイクルされます。
空き瓶は種類別に分類し再び瓶の原料や路盤材等に利用されます。

断裁・圧縮機(ダブリング機)

sendaikou_22大きな金属などの塊を切断・圧縮し、リサイクルに適した状態に加工する機械です。

sendaikou_24

ミラサポ リクナビ
ミラサポ リクナビ