TOP > あっ、サイコーだ。〜社員紹介〜 > 環境管理委員会

title

社員紹介一覧に戻る>

今回の「あっ、サイコーだ。」では、「環境管理委員会」の「One Step Report」にスポットを当てて紹介致します。

border

委員会・プロジェクト

 当社では、お客様に感動していただける会社づくりを目指した、委員会活動やプロジェクトを行っています。これらは、部署、年齢や肩書きを超えて、社員の能力と個性を発揮できる場所です。

環境管理委員会について

環境管理委員会は、現在9名で運営を行っております。大きく2つの部門に分かれおり、「ISO14001部門」と「One Step Report」部門になります。ISO部門については、ISO取得に対しての取り組みやSDGsへの取り組みなどをメインに活動しております。ISO部門については、今後ご紹介致します!

「One Step Report」ついて説明致します。
2015年より、環境管理委員会では「小さな業務改善」を社員間で共有し、褒めあえる制度として「One Step Report」(ワンステップレポート)という取り組みを始めました。社員が普段から工夫して行っている業務の改善を目に見える形で共有することで職場環境の改善、社員のレベルアップ、会社の信頼増につなげていける仕組みとなっています!

合言葉は・・・

運用の流れについてご紹介致します!

それでは、実際に採用されたReportをご紹介致します。

環境管理委員会のメンバーの戸板さんに質問をしてみました。

pict02記者)One Step Reportを通して感じたことはなんですか?
戸板)みなさん、いろいろなアイデアを考えて頂きいつも驚かされています!特に仙台港資源化センターや仙台中央資源化センターなどの技術力の高さには注目です!
記者)技術力と言うと何か作ったりとかですか?
戸板)溶接の資格を持っている人がいて、門のストッパーを新たに作成してくれたことがありました!もう、職人レベルの技術です!
記者)すげ~!いやっすごい!ですね!

pict02 戸板)それと、僕が思うに「良い連鎖」がうまれていると思います!
記者)興味をそそられる言葉ですけど、どういう意味ですか?
戸板)レポートを、たくさん出してくれる部署に多く見られることなんですけど、最初は個人での改善だったのが、部署の人たち数人で考案してもらうことがあります。港センター、中央センターや関連会社のステップスナインでこういった傾向が目立ちます。私はこのようなチームワークの現象を「良い連鎖」と感じております。みんなで考えて、現状をより良くする雰囲気がすばらしい環境だなって感じています!
記者)話を聞いていて、その光景が浮かんできました!!

pict02 記者)最後に社員の皆さんにメッセージをお願いいたします!
戸板)作成してくれた人からは、自分の考えがみんなの役に立ててよかった!とか、朝礼で紹介してもらえてうれしかった!などの声を頂くことがリとしてもうれしく感じます。ですが、もっともっと潜在している「こんなことあったらいいな!」をぜひ形にして頂き、One Step Report更なる提出をよろしくお願いいたします!一人の100歩よりみんなの100歩!

インタビューを終えて

 委員会のメンバーに話を聞いて印象に残っている言葉があります。One Step Report部門の委員長の森さんから「みなさんのレポートによって私自身の仕事にとても良い影響があります!それぞれの特技を活かしているので、自分の考えを超える新しい刺激を与えて頂いてもらっています。」と言われました。森さんの前向きな考え、新しいことを考えたり、取り入れたりする姿勢が素敵だなと感じました。私自身の提出率が減ってきているので、合言葉を意識してみなさんをあっと驚かせるOne Step Reportを作成していければと思います。

(笠原 亮)

< 横山 晃 社員紹介一覧に戻る 政井 健二 >

マイナビ2021 マイナビ2022 ミラサポ
マイナビ2021 マイナビ2022 ミラサポ