TOP > あっ、サイコーだ。〜社員紹介〜 > 丸山 徹

title

社員紹介一覧に戻る>

所 属:
㈱SKホールディングス
役職:
経営企画室 室長
趣味:
登山、スキー、ゴルフ

border

趣味について教えてください。

記者)今年4月に新設された「㈱SKホールディングス」を社内外の方々に多く知ってもらえるきっかけになればと思い、室長にインタビューをさせていただきたいと思います!早速ですが、室長の趣味について教えてください。
丸山)ゴルフや登山、スキーなどをしてますよ。
記者)体を動かすことがお好きなんですね、登山はどこの山を登るんですか?
丸山)1年前に仙台に来てからは泉ヶ岳に2回程、こっちに来る前は北アルプスなんかにも登ったことがありますね。
記者)北アルプスですか?!長野の…?
丸山)そうですね。元々登山が好きで、鎖やロープのある所も登ったりしますよ。   
記者)印象に残っている山はありますか?
丸山)涸沢から見る涸沢カールは、夏に行っても雪が残っている風景が良いですよ。
記者)すごいですね。山を登る時はどんなことを考えていますか?
丸山)足を踏み外すと滑落してしまうので、余計なことを考えずに正確に歩いています。
記者)山を登る醍醐味みたいなものはありますか?
丸山)山小屋で食べるおでんとビールですね。 某山に登った時にはビールがなくて、2回目はしっかり持参していきましたよ。
記者)(笑)自分で持って行ってしまうんですね!
丸山)ええ、山でのビールは格別ですよ(笑)

何故サイコーに?

記者)ところで室長は何故サイコーに転職してこられたんですか?
丸山)前職で役職定年を迎えたので転職して新しいことに挑戦しようと思いました。人生100年時代ですし、じっとしていられない性格なんでね。あっ、それこそ社員紹介ページの従業員の言葉なんかを見て、いい会社だなぁとも思いましたよ。
記者)えっ!ありがとうございます!2014年からスタートして、やっと実を結んだ感じがして嬉しいです! けど数多くある企業の中からサイコーが目に留まったのは何故なんですか?
丸山)会社の方針として、自分たちだけが良いのではなく、地域をより良くすることを考えたりと、利他の精神を強く持っていて、そんな社長の考えに賛同した部分なんかもSKグループの一員として働くことをに決めたきっかけになりましたよ。 あと、社長との面談を繰り返す中で、新規事業に挑戦していくという話を聞いて転職を決めましたね。 社長の考え方は興味深いですよ。合理的な部分と人情的な部分の考え両方を持っていて、尚且つ思考の幅が広いですからね。これだけ両極端な思考を強く持っている人はなかなかいないと思いますよ。
記者)室長は新規事業に関するどんなことを担当されているんですか?
丸山)そもそも㈱SKホールディングスは「ヒト・モノ・カネ」に加えて「技術」をSKグループ内で最適配分し、各事業会社の運営をサポートしていくことが役割なんで、社長の想いを正しく理解し、それぞれのグループ企業が未来を見据えた働き方を出来るような仕組みを構築しています。
記者)具体的にはどんなことをするんですか?
丸山)今ある業務をDX(デジタルトランスフォーメーション)によって、業務のやり方を変える仕組み作りを行ってます。 合わせて、各事業会社を一括りにした「SKグループ」のブランドイメージ構築に向け、HPのリニューアルなんかも進めていますよ。企業理念にあるように先進的でありつつも地域課題解決の一躍を担えるグループにしていきたいですね。
記者)これから先、私たちの会社と働き方がどんな風に変わっていくのか楽しみです!

サイコーのいいところは?

記者)長年、他の企業に勤めていた室長から見たサイコーのいいところはどこですか?
丸山)挨拶と掃除を大切にしているところがいいと思いますよ。入社前にサイコーを訪れた時に総務社員が起立して挨拶してくれたことが印象に残ってますよ。挨拶することは当たりまえのようにも感じますが、企業規模が大きかったりすると周知や指導が難しくなり、意外とできない人が多かったりするんでその点はいいと思います。掃除も同様で自分たちできれいにすることによって、自分の会社である意識を持つことが出来、愛社精神が芽生えます。
記者)挨拶と掃除は基本のようにも感じますが当たり前のことを当たり前に行うことが大切なんですね! 仕事をする上で大切にしていることは何かありますか?
丸山)お客様に感動してもらえる仕事をするにはどうしたらいいかを常に考えてますよ。 感動ってどういうことかわかりますか?
記者)感動・・・う~ん。言葉に表すと難しいです・・・
丸山)相手の想像以上のことをした時に人は感動するんですよ。だから想定を超えて行かないと駄目なんです。お客様により喜んでいただけるような仕事を私たちが常に行えるようにするためにはどうしたらいいのか考えてますね。
記者)確かにっ!!!非常に勉強になります!

座右の銘は?

記者)合わせて座右の銘はなにかありますか?
丸山)諦めたらそこで終わり、諦めなければ必ずできると思ってますよ。だからどうやったらそれが出来るか常に考えてます。 幸せは待っていても来るのもではないので自分で取りにいかないといけませんからね。
記者)なんだか徳の高いお話をいただけすごく貴重な時間になってます!! あの・・・最後によろしければ少し個人的な相談をさせていただいてもいいですか・・・?
丸山)いいですよ。
記者)すぐに答えに到達できない課題があるとき、早く到達したいと焦ってしまうのですが、そんなときはどんな風にことを進めればいいのでしょうか・・・。
丸山)焦らずに一歩ずつ歩みを進めればいいと思いますよ。焦ってもいいことは一つも無いんでね。 長期的には楽観的に、短期的には悲観的に(起こりえるリスク全てを考える)考えていくことでバランスを取っていけばいいと思います。

インタビューを終えて

これまで室長とお話をする機会は多くありませんでしたが、今回のインタビューを通して知識と経験を多く兼ね備えた室長の考えや言葉にとても納得されられました。また、話を伺う中で勉強になることが多くあり、最後の方では室長にインタビューをするのではなく、自分たちの悩みを聞いていただくような形になっておりました。(笑) 幸せは自分で掴みに行くという考えの基、前職で役職定年を迎えたことを機に新しいことに挑戦しようという姿勢を拝見し、幾つになってもやってやれないことはないのだと改めて気づかされました。 SKグループをより前進させていくために時代に合った業務のあり方を構築する室長のノウハウを学び、自分もより成長できるよう努めていきたいと感じました。
(池端みなみ、永澤しおり)

最後に・・・・・

先日、サイコーのロゴの改定が行われました。
改定に向け準備を進めてくれたのは㈱SKホールディングスです!
SAIKOHのSとKを図案化し、従来の楕円形から正円形にリニューアルしました。
他にもグループ各社のロゴも変更になっております!
グループとしての統一感がありつつも、各社個性を出したデザインとなっておりますので是非着目してみてください!

< 山田 知希 社員紹介一覧に戻る 清 利幸 >

マイナビ2022 ミラサポ
マイナビ2022 ミラサポ