TOP > あっ、サイコーだ。〜社員紹介〜 > 西村 勝彦

title

社員紹介一覧に戻る>

title

所 属:
環境事業2課 機密書類処理回収担当
好きな言葉:
為せば成る、為さねば成らぬ何事も
好きな食べ物:
久兵衛さんの汁なし(大盛)
趣味:
子供たちとのバドミントン

border

社員紹介ページの依頼を受けたときどう思いましたか?

記者)西村さん、社員紹介ページの依頼を受けたときどう思いましたか?
西村)正直「うわぁっ」て思いました(笑)、自分に自信がないので受けるか断るか迷いました。
記者)あっ、やっぱり!感触がイマイチだなぁって思ってました!それなのにどうして引き受けてくれたんですか?
西村)依頼を受けた日の夜に嫁に相談したんです。そしたら「やったらいいんじゃない?」って言われまして、そこから乗り気になりました。
記者)おぉ~、奥さんは偉大ですね!!お引き受けいただきありがとうございます!

どうしてサイコーに入社したんですか?

記者)そういえば、西村さんはどうしてサイコーに入社したんですか?
西村)自分の家の近くのごみ集積所にサイコーのパッカー車が回収へ来ていて、その人たちの働いている姿を見て「いいな」って思ったんですよね~、なんか楽しそうに仕事しているように見えて「やってみたい」って思ったんですよね~。 前職は全く違うことを仕事にしてたので、始めは大きな車輛を運転するのは怖かったです。最初の頃は坂道発進でエンストばっかしてたっすからね(笑)
記者)入社理由が斬新ですね!運命的な出会いだったんですね~!
記者)あっ、やっぱり運転難しいですよね・・・

西村)1人で回収に出るようになった頃は、業務終了後に先輩社員に付き合ってもらってよく練習してました。最近では運転しやすい仕様の車輛が多くなってきて、安心して運転できるようになりました。 pict01

業務内容について

記者)そろそろ業務内容について伺いますね。機密書類を回収する担当になって何年くらい経ちますか??
西村)はい、自分が機密書類の回収部門に配属になって今年の3月で丸4年になりますね。入社当初は、仙台市からの委託業務にあたる家庭ごみの回収をしてたんですが途中で異動になりました。
記者)機密書類の回収は重要任務ですよね。どんな事を意識して業務にあたってるんですか?
pict02 西村)お客様の大切な書類をお預かりする業務ですので、確実に車輛へ積み込み、間違いなく処分場へ搬入することを心がけています。稀に文書箱の口が閉じられていない物もありますので、そのような場合は台車で屋外へ運び出す際に、その箱を下の方に積み、その上に他の箱を重ね、運び出すようにしています。あとは、可能な限りお客様の要望に沿った対応をしたいと思ってます。自分は回収日の調整を担ってますが、「お客様第一」を念頭に置き、調整にあたってます。お客様が望むなら、それを大切にしたいですね。
記者)かっこいい!社員の鏡ですね!これまで4年程機密書類回収に携わる中で変わったこととかありますか。
西村)やり方を変えました。無駄を削り、効率よく確実に業務を行えるよう少しずつ変化させていきました。
記者)具体的にはどんなことですか?
西村)定期回収のお客様の回収に関してルートの見直しをしたりしました。
記者)自分で気づき、行動に起こせるところが素晴らしいですね!
西村)・・・そんなことないっすよ。
記者)謙虚っ! 回収時にお客様と会話を楽しむことは多いですか?
西村)定期回収のお客様ですとお会いする頻度が高いので話しをしますよ!話しするのは結構好きなんすよね。 プライベートの話なんかもしますし、中には自分のことを「かっちゃん」って愛称で呼んでくださるお客様もいます。結構嬉しいっすね。
記者)理想の関係性ですね!西村さんの優しい雰囲気が良い関係性に寄与してるんでしょうね!
西村)そおっすかぁ~

仕事をする中で大変なことってありますか?

pict03 記者)仕事をする中で大変なことってありますか?
西村)それはありますよ~、処分場の受け入れ状況とお客様の回収日のご要望なんかを擦り合わせするのは実は大変だったりします。処分場にも受入れ基準量があったり先約を入れているお客様の予定もありますからね。
記者)そうですよね~、これからもご要望に沿った調整をお願いします!!
西村)いやぁ~、結構大変なんすよ~(笑)
記者)大丈夫大丈夫!!西村さんなら大丈夫!!そういえば休みの日はどのように過ごされてるんですか?
西村)小学1年生の息子と小学4年生の娘とバドミントンしてますね。
記者)えー、バドミントンするんですね!知らなかった!
西村)多分知ってる人いないんじゃないっすかね(笑)中学までバドミントン部に所属してました。ちなみに高校でも1カ月だけやって、後は自然科学部に移りました。
記者)自然科学部が気になるっ(笑)。ちなみにお子さんとの対決はどちらが勝つんですか?
西村)ギリギリ自分が勝ちます。けどさすがにそろそろヤバイです。最近では小4の娘によく負けそうになってます(笑)。 小1の息子には勝ちますが・・・(笑)
記者)ご家族仲良しでいいですね!!父として頑張ってください(笑)
記者)家では家族と仕事の話をしたりするんですか?

西村)ほとんどしないですね!嫁の話を聞くことのほうが圧倒的に多いです。むしろ聞かないと怒られます(笑)
記者)やっぱり奥さんは偉大っ!!お子さんとはいかがですか?
西村)子供は大きくなったらサイコーで働きたいって言ってます。
記者)えっ、最後の最後にめっちゃいい話題!!!!!

インタビューを終えて

 営業課に所属している私は普段から西村さんと業務の話をすることが多いですが、みっちり1時間、正面向いて話をしたことはありませんでしたので貴重な時間となりました。また、ご家族を大切にしている様子も多く見受けられ、非常に家族思いな一面を知ることができました。
私は営業部に所属をしているため、お客様のご要望を西村さんへ伝え、回収日程などの調整を依頼することが多いですが、いつも希望に沿った最善の形で返答をくれます。その背景には「お客様第一」の想いが強く存在していたことを知りました。真面目で優しい西村さんはどんなに業務が多忙を極めた時でも真摯に対応してくださるので日頃から非常に感謝しています。これからもたくさんの要望を持って西村さんに調整依頼をかけていこうと思います(笑)これからも宜しくお願いします。

(池端 みなみ)

< 笠原 亮 社員紹介一覧に戻る 横山 晃 >

マイナビ2021 マイナビ2022 ミラサポ
マイナビ2021 マイナビ2022 ミラサポ